FXの重要な経済指標

  • FXにおける時間足の特徴について

    • FXトレードにおいて時間足をみて分析することは重要な手段の1つです。

      時間足には大きく分けて短い時間足(1分・5分・15分・30分足など)と長い時間足(1時間・4時間・日・週・月足など)があります。それぞれの特徴についてまとめていきたいと思います。
      1.短い時間足について短い時間足はスキャルピングという超短期売買でよく利用されます。
      短い時間足は細かいエントリータイミングを掴むことに有効です。しかしながら、ノイズが多く、一瞬で値が飛んだり、値動きが激しいため、テクニカル分析をすることが難しいです。
      また、ダマシも多く存在し、思った方向と逆の値動きをすることが大いにあります。そのため、短い時間足を読むことはFX初心者にとっては難しいといえます。

      2.長い時間足について長い時間足はデイトレードやスイング(ポジション)トレードといった長期売買で多く利用されます。

      長い時間足は値動きが安定していて、トレンドを読みやすく、テクニカル分析しやすいため、FX初心者にも取り掛かりやすいといえます。

      また、経済指標もチャートに影響を受けやすく、ファンダメンタル分析においても有効とされるでしょう。



      【まとめ】いかがでしたか。

      FXトレードにおいて重要な要素の1つである時間足にも様々な特徴があります。

      All Aboutのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

      また、1つの時間足のみにとらわれず、色々な時間足をみてエントリーをしましょう。



      どの時間足を利用するかはトレード手法によって様々なので、経験や知識を踏まえて、どの時間足を参考にするか考え、トレードに臨みましょう。

top